消費者金融の規制緩和によりアルバイトはローンが組みにくくなった?

消費者金融規制緩和の議論が進んでいます。
2010年に施行された貸金業法では、消費者金融の金利は15%〜20%とされて、借り入れ可能額は年収の1/3とされています。
アルバイトの場合は、年収が不安定な場合やすでに借り入れがある場合には、消費者金融ではローンが組みにくいと言うことになります。
かえって、審査が厳しいというイメージの銀行であっても、総量規制の対象外のため借り入れ可能になるケースもあるようです。
新生銀行のカードローンとして運営されているレイクは、実は総量規制の対象外です。
消費者金融時代のイメージがありますが、区分が銀行系カードローンとなっているのです。
ですから、総量規制で借り入れが難しいと言った場合には、銀行のFP、営業に相談して見ると良いでしょう。
みずほ銀行カードローンは審査通りやすい?【ネット申し込みだと簡単?】