ローン審査のポイントとは?

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利というのは大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どっちの金利が良いかわからなくなった時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。
物価が上がる前にマイホームが欲しいと思ったとき銀行などから申し込みができる住居購入時の貸付が頼りになります。
申し込んだ場合、審査があります。
それにパスが出来ないと次の段階には行けません。
ここで重要とされる基準は年収、勤続年数、仕事内容などです。
また、カードローンの使用歴などもチェックされるので今後住宅購入を考えているのであれば使用しないか、必要な時だけにするのが良いでしょう。

主婦カードローン審査通るコツ!即日おすすめは?【専業も大丈夫?】